So-net無料ブログ作成
検索選択

<シンシアの丘>介助犬の存在さらに発信へ 開所1周年式典(毎日新聞)

 障害者を助ける介助犬の育成・普及や訓練士養成を行う国内初の介助犬総合訓練センター「シンシアの丘」=愛知県長久手町=が開所1周年を迎え、29日に記念式典があった。日本介助犬協会の橋本久美子会長は「着実に介助犬の存在は広がっている。今後も全力でいきたい」と参加者約70人に語りかけた。

 02年の身体障害者補助犬法成立に貢献した介助犬シンシアなどを祭ったセンター内の補助犬慰霊碑では慰霊祭があり、シンシアとパートナーだった兵庫県宝塚市の木村佳友さん(50)らが献花した。木村さんは「いまだに介助犬との同伴を拒否する施設がある。介助犬の存在をもっと発信したい」と話していた。

 シンシアの丘は09年度に介助犬3頭、今年度と11年度は6頭を育成し、12年度には10頭に増やす計画という。【稲垣衆史】

【関連ニュース
寄託:堺陵東LC、シンシア基金に20万円 /大阪
ひょうご東西南北:介助犬に理解を フリマに支援ブース−−宝塚 /兵庫
介助犬:理解を 宝塚・フリマでPR、「エルモ」も一役 /兵庫
タウンたうん:九州2頭目の介助犬−−有田 /佐賀
介助犬:県内初 九州補助犬協が育成、城南・白木さんに貸与 /福岡

福島氏、沖縄入り 知事に共闘呼びかけ(産経新聞)
モータースポーツをモチーフにしたクロノグラフ――PUMA TIME(Business Media 誠)
座ってられない大阪府議たち…講演会で次々と退席したワケ(産経新聞)
福島党首が会見へ=社民(時事通信)
ミス神戸→投資失敗→詐欺容疑 小杉元文相妻の“転落”(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。